レーザー治療

CO2レーザーを用いた日帰り手術です。バルトリン腺嚢胞治療、子宮頸部異形成治療、尖圭コンジローマ治療等の治療ができます。

 

バルトリン腺嚢胞造袋術(開窓術)について

バルトリン腺は性行為を滑らかにするための粘液を分泌しています。出口がつまると嚢胞を形成して、そこに感染が起きると膿瘍ができます。抗生剤を使用したり、穿刺をすることで対処しますが、繰り返す場合には手術をすることで再発を抑えることができます。当院ではCO2レーザーを用いて手術をすることで、局所麻酔で短時間に行うことができ、再発率も低くすることができます。膿瘍ができて痛くてお困りのときに手術することができますので、ご相談ください。