レーザー治療

CO2レーザーを用いた日帰り手術です。バルトリン腺嚢胞治療、子宮頸部異形成治療、尖圭コンジローマ治療等の治療ができます。

 

子宮頸部異形成治療

当院では子宮頸部異形成(子宮頸がんの前がん状態)に対し、CO2レーザーを用いた「子宮頸部蒸散術(子宮頸部異型性上皮レーザー照射治療)」という治療法を行っています。

子宮頸がん検診で異常を指摘され精密検査をした方で、治療として子宮頸部円錐切除術や子宮全摘出術を勧められることが多いと思います。ただ数日間の入院が必要となりますし、この手術をすると妊娠・出産に影響を及ぼす可能性が高いです。
子宮頸癌まですすんでいることが疑われる状態でなければ、子宮頸部蒸散術で十分治癒する可能性があります。

メリット
・CO2レーザーを病変部に照射して焼き飛ばす治療なので、子宮頸管が短縮することなく、早産等、妊娠に影響を及ぼすことがない。
・約20分の治療となり、日帰り治療が可能。
・治療をした9割以上の方で病変が消失し、原因となるヒトパピローマウイルスも消失する。
デメリット
・水っぽいおりものが1か月程度続く。(子宮頸部円錐切除術でも同様です。)
・切除しないので、組織検査で病変を確認できない。

「定期検査で1年以上子宮頸部異形成を指摘され続けている。」、「いつまで通院を続ければいいのか不安である。」等々、子宮頸部異形成でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

 

 

バルトリン腺嚢胞造袋術(開窓術)

バルトリン腺は性行為を滑らかにするための粘液を分泌しています。出口がつまると嚢胞を形成して、そこに感染が起きると膿瘍ができます。抗生剤を使用したり、穿刺をすることで対処しますが、繰り返す場合には手術をすることで再発を抑えることができます。当院ではCO2レーザーを用いて手術をすることで、局所麻酔で短時間に行うことができ、再発率も低くすることができます。膿瘍ができて痛くてお困りのときに手術することができますので、ご相談ください。